ホワイトデーの文化は日本が生んだ感謝の気持ちだった?

ホワイトデーが始まった理由は?


ホワイトデーって、発祥はどこなんでしょう?急に現れた感があるようにも思うのですが・・。

実は、バレンタインデーが世界的におこなわれているイベントだったので、それにヒントを得て、日本が先頭を切ってスタートさせた習慣なのです。

バレンタインデーに女性から贈り物をもらったので、それにお返しをするという、いかにも日本らしい着想だと思いませんか?

贈って贈られてを習慣付けることで、人間関係を円滑にしようとする試みなのでしょう。

今では日本以外にも、台湾や韓国・中国でホワイトデーがおこなわれるようになってきたみたいです。それって、恋愛がしたい人にとって悦ばしいことですよね。

お返しの文化がある日本


日本には昔から、お返しの文化があります。これは知ってますよね?

例えば、結婚祝いをいただいたら、いただきっぱなしにせず、もらった金額の何割かの商品券をお返しするって、聞いたことあるでしょう?

年賀状もお返ししますし、お歳暮をもらってもお返ししますもんね。それらは全て、相手に対する感謝の気持ちを表したものといえます。

ということは、バレンタインデーでチョコレートをもらったんだから、それに対するお返しという意味合いのホワイトデーは、日本人には理解されやすかったでしょうね。

だからホワイトデーが定着するのも早かったのです。

広がりを見せるホワイトデー


元々はお菓子業界が、チョコレートのやり取りにヒントを得て、ホワイトデーを始めたといわれています。

確かに若干商業主義的なニオイはしますが、ホワイトデーが近くなったデパ地下の華やかさを見ると、高揚感がハンパなく盛り上がってきますから、良いイベントだと感じますよ。

最近はお菓子のやり取りという枠を飛び出して、贈りやすい小物類などが選ばれるようにもなってきました。より贈る相手にフィットしたものに変わっていくほうが、絶対喜ばれますからね。

選ぶときもいろいろなショップに出向くことができて楽しいし、もっともっと広がりを見せてくれたらいいなって思います。

見返りを期待しない付き合い方を実践しよう!


ただ、こんなことをよく耳にするようになってませんか?

「ホワイトデーはバレンタインデーの3倍返しだ!」みたいなフレーズ。

これはちょっと品がないというか、それを期待している女子がいるなんて思いたくないですよね。

贈り物には、普段からの感謝の気持ちが込められているもの。そういうものに対して見返りを求めるなんて、どうかしてますよ。

だからバレンタインデーには、さりげない贈り物をして、ホワイトデーにお返しが来たら喜ぶというスタイルが望ましいのではないでしょうか。

恋愛がしたい男性には、女性に喜んでもらえる機会を作るのがホワイトデーなんだという意識を持ってもらえたらいいなって思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です