目を合わせなくても恋が始まる視線テクニック

視線って、すごく気になると思うんです。気になるといえば、異性。

男性からの視線だったら、もう耐えられないくらい緊張MAXになっちゃいますよね。

恋愛がしたいと思っているあなたなら、視線が合ったのをきっかけに、恋に落ちたことがあるはずです。

そんなとき、どう対処すればいいのか分からないことばかり。

ここでは、視線に関わるいろいろな恋愛術を詳しくチェックしてみることにします。

人と目を合わせることの意味


人と目を合わせるという行為には、大きく分けてふたつの意味が含まれているといわれています。

ひとつは、その人に対する好意。恋人同士なら見つめ合いますよね。

好きな人を見つめていたいという愛情から、目を合わせることに至っています。

もし相手が目を合わせてくれなかったら、「あれ?嫌われているんじゃないのかな?」と不安になってしまうでしょう。

「好きなら目を見れるはずだ!」と無意識のうちに相手を推し量っているから、不安が募るというわけです。

人と目を合わせるもうひとつの意味


人と目を合わせる行為の意味、ふたつめは相手に対する威嚇であったりします。

出会いだけに注目すれば、男女がにらみ合うことはありえませんが、目を合わせるという行為だけピックアップすると、威嚇されていると感じる人が中にはいるということなのです。

俳優のように目ぢからの強い人っていますよね?

そういうタイプにじっと見つめられたら、「怒ってるんじゃないか?」とか「威嚇されてるんじゃないか?」と勘違いしてしまうわけです。

視線を合わせるのが苦手なら


もしあなたが、人と目を合わせるのが苦手だったとしても、話しているときに視線を泳がせてはいけません。

キョロキョロし続ければ、「なんだか落ち着かない人だなぁ~」という印象を持たれますし、「私と話していて楽しくないのかな?」と思わせてしまう可能性があります。

視線をひとつのポイントに定めることで、心が安定していることをアピールできると覚えておいてください。

ほんの小さな配慮ですが、それができるとできないとでは、雲泥の差があるんですよ。結果が全く別のものになってきますからね。

視線を合わせるのが苦手な人の克服法


相手と目を合わせるのが苦手な人は、それを克服する方法があります。例えば、相手の目ではなく、眉間に焦点を合わせてみるのです。

そうすれば目を見なくて済みますし、相手からは目を見て話をしてくれていると思ってもらえるでしょう。

それから、相手があなたを見てくれないケースも考えられます。

そういうときは、相手が机の上のグラスや花瓶を眺めているようなら、あなたもそれを一緒に眺めるようにしてください。

同じものを見つめている一体感が生まれて、相手の気持ちが和んできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です