気になる彼と次の約束につなげる方法

恋愛がしたいと思ったらスタートが肝心!

婚活パーティーに出席したとき、イチバンお気に入りの男性を見つけたら、しっかりアプローチしてお付き合いをスタートさせたいですよね。

それがないと恋愛に発展することはありませんから。恋愛がしたいと思ったら、まずはスタートが大切。

いかに気になる彼の気持ちを昂ぶらせ、こっちを向くようにさせるかを考えて、実行に移さなければなりません。

 

ここでは、そういう彼を見つけて振り向かせてから、次の約束を取り付けるまでのアプローチについて、じっくりチェックしてみたいと思います!

婚活パーティーに出席してからのアプローチをじっくり観察


週末、とある自治体主催の婚活パーティーに出席してみました。

エントリーカードに自分のプロフィールを書き込んで、名札のように首からストラップでぶら下げます。

なるほど、こうすると相手が会話しながらでも、こっちの個人情報をゲットできちゃうから便利でいいですよね。

当然相手の男性の個人情報も、ゲットしちゃいます。

全体を見渡して・・うん、ルックスいいひとを見つけました。早速アタックしてみますね。

初めての挨拶は明るく元気に!


ファーストコンタクトは、明るくハキハキと。
地味で暗いのは性格だけにとどめておかないと、男性のほうがどうしていいか分からなくなります。

最初の印象を良くしておけば男性のほうからたくさんネタを振ってくれてますよ。

これを瞬時に分析して、次に活かせるように会話を組み立てていくのです。

例えば、「オレ」。自分のことをボクと言わずにオレというタイプは、どういう男性なのか想像できますか?

主体性があってオレがなんとかします!というタイプだと考えてください。

誰かに引っ張ってもらうタイプではないということです。

となると、頼っていいんです。なのに次を見てください、「こういうとこ初めて」って言ってますよ。

初心者であることを隠さずにこちらに伝えながらも、本当は自分のことを頼って欲しいと思っている人。
そこまで分析できるのではないでしょうか。

それなら、会話や食事など、頼れるところは全部彼に頼って、「これ分からないよ!」と言ってきたときだけ簡潔に対処すれば「この子、いいかも!」と感じてくれるはずです。

とても判断しやすい相手ということになりますね。

婚活パーティーの最中の会話に工夫を


そこまで把握して距離が縮まっているのに、婚活パーティーの次の約束につながらない人が結構いるんですよね。

男性のほうがあまりノリ気じゃないから、こっちからは誘えなかったわ!では済まされません。

だってそんな弱気じゃあ、いつまで経っても意中の彼と恋愛関係になれるはずがないんです。

そこで、こんなアプローチはどうでしょう?会話の中に、さまざまな誘いの言葉をちりばめてみます。

「そろそろ婚活パーティー、終了の時間になりそうですね。」
「あ、ほんとだ。あっという間に時間が過ぎちゃったなぁ~」
「・・ほとんど私としゃべって過ぎちゃったから、もっと他の子ともしゃべりたかったなぁって思ってません?」

女性からこんなふうに言われると、男性としては答え方はひとつになります。まさにその言葉を男性に言わせるためのフリなのです。

男性は必ずこう言うでしょう、
「そんなことないない。今日は楽しかったし、キミと話せてよかったと思ってるよ。」

これさえ男性に言わせることができれば、もう成功したも同じ。

目指すのは、次の約束を取り付けて恋愛に発展させることなのですから、ここからの運び方を慎重におこないましょう。

女性が放つこの言葉で男性は揺れ動く!


女性が満を持して放つ言葉はこちら、「えー、すっごく嬉しいですぅ~っ!!!」

大げさな位に言ってしまってOK!プラス、満面の笑みも♪
これがその男性にとって、最大インパクトのおみやげになるんですよ。

手ぶらで帰らせではダメ、しっかり持たせて帰すんです。

何か彼の記憶に残るパフォーマンスを仕掛けることで、婚活パーティー自体がそのおみやげに集約されていきます。

婚活パーティーのことを思い出すたびに、あなたの「めっちゃ嬉しい」笑顔が思い浮かぶように、仕込んでください。

これが印象操作という手法で、男性のテンションはググッと上昇します。

そして男性自身も、目の前のあなたにおみやげを渡さなければ、もらいっぱなしになる!という感覚に陥ります。

こうなればバッチリですよね。
男性からの提案を待たずに、女性のほうからおねだりすれば、「なんだ、それでいいのか!」と安心してくれますよ。

ここで繰り出すひと言は、「次、いつ会ってくれますか?」これでじゅうぶん効果があるのではないでしょうか。

男性に対しておねだり上手になる

「次、いつ会ってくれますか?」
という言葉には、さまざまな意味が込められています。

好意がなければ絶対に言わない言葉ですから、男性としてはとても嬉しいんです。

しかもおねだりの内容がこれだったなんて、可愛い子だ!性格のいい子だ!という印象を植え付けたことになるでしょう。

そして何より、ふたりだけの時間がスタートするという、恋愛関係を宣言している言葉でもあるのです。

時間が経てば経つほど、言われた男性はしみじみと恋愛を実感していくでしょう。

そして約束の当日、女性の姿を見つけるころには、もう恋人を見つけたのと同じ感覚になっているのは間違いありません。

そこで初めて、ふたりの共通の趣味や話題で盛り上がってください。恋愛関係にあるふたりがしそうな会話を、どんどん展開していけばいいのです。

そういった既成事実が、より一層男性をその気にさせ、恋愛感情を燃え上がらせることにつながっていくでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です