恋愛上手は聴き上手!「魔法のあいづち」法

どうする?好きな人とのコミュニケーション!

気になる男性が目の前に来ると、私はテンパリます。うぅ~っ!ってなっちゃって、まず相手の顔を見れなくなりますね。

ほぼ100パーセント、自信を持ってそうなると言い切れる人、多いんじゃないでしょうか。

実は、苦手な人と話すときも、コミュニケーションがうまく取れなくて、態度に出ちゃうんです。

相手が会話を引っ張ってくれたらいいんですけど、お互いに黙っちゃうような展開になったら、もうサイアク。

恋愛がしたいと思っているあなたは、このコミュニケーションの壁をいったいどうすればいいんでしょうね・・。

聴き上手を目指そう!


いろいろな解決法があると思いますが、ここで紹介するのは、聴き上手になる!ということ。

「へぇ~」「そうなんだ~」はダメですよ。相手が気にして、話さなくなっちゃうことがありますから。

自分の話に興味がないのかな?と思わせちゃう言葉なんですよね。だから、聴き上手といっても、しっかり押さえとかなきゃいけないポイントがあるんです。

聴き上手になる秘訣、それは・・


聴き上手になるには、効果的なあいづちを打つことが必要になります。

会話の中であいづちを打つという行為は、相手の話す内容をしっかり聴いてますよ!というサインと見なされます。

首をタテに振るのが、うなずき。これも意思表示の部類には入るでしょうが、あいづちは声を伴ないますからね。

相手に与えるインパクトが違ってきます。そしてそれは、安心感へと変わっていくのです。

電話で話していて、相手があいづちを打ってくれないと、不安になるでしょ?そこを狙う効果があるということなんです。

あいづちにはたくさんの種類が!


あいづちの種類が同じだと、相手がまた不安になることがあります。「うんうん」ばかり言ってたら、話がつまらないのかな?と疑い始めることも。

豊富なあいづちバリエーションを持って、会話に臨みたいですね。
例えば、あ行のあいづちだけでも、たくさんあるんですよ。

 あ・・「あぁ、なるほどね「~!」「あらっ♡」
 い・・「いいね~!」「いやぁ~♡」
 う・・「うん!」「うーん」「うんうん♡」
 え・・「えぇー!」「えっ?」
 お・・「おぉ!」「おーっ♡」

安心感を与えるあいづちが効果的!


あいづちには、感情が盛り込まれているんです。

あなたが驚いたり喜んだりする様子を見せることによって、相手はコミュニケーションが取れているんだなと安心するでしょう。

「うそ!」「うそだぁ~」など否定的なあいづちは、相手が不安になるからやめておいたほうが無難です。

恋愛がしたいと思うなら、いろいろと試しながら好印象を残すことができれば、恋愛につながっていくのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です